宅配買取で売るときのブランド買取の流れ

まずは買取申し込みから

売りたいブランド品があったら、さっそく売却を検討しましょう。売却の方法はいくつかありますが、手軽なのは宅配買取です。売りたいブランド品を買取会社に送って査定してもらうので、荷物を自分で運ぶ必要がありません。売りたい品物は宅配便を使って送ることになりますが、事前に申し込みをするのが基本です。いきなり送付しても受け付けてくれないと考えましょう。買取の申し込みはおもにインターネットで行います。買取会社によっては、梱包用の段ボール箱を送ってくれることもあります。あらかじめ売りたいブランド品の量を確認しておくとよいでしょう。買取業者には、売りたいブランド品のほかに身分証のコピーや買取金の振込先口座などを記載した書類などを送ることになります。

宅配買取で注意すべき点

ブランド品の宅配買取を申し込むときは、いくつか注意点があります。まず、配送するときの梱包をしっかりと行いましょう。時計など、衝撃に弱いものは特に注意が必要です。仮に配送中にトラブルがあったとしても、自己責任になるのが通例です。荷物が買取会社に着くと査定が行われます。数日以内に査定金額がメールなどで知らされるので、同意するかどうか返答しましょう。ここでの注意は、査定金額の交渉はできないのが通例です。あらかじめ相場を調べておくと納得できる金額かどうか判断できます。仮に買取を断った場合は品物が返送されますが、返送する場合は送料がかかることがあります。返送時の送料が割高に設定されていることはほとんどありませんが、申し込み前に確認しておくと安心です。